次世代に選ばれる、価値ある取り組みを。

ワイン発祥の地「グルジア」の皆様のおかげで、

 

国産ワイン産業の端の方ではありますが、

こうして活動させていただけていることに感謝です。

 

ただただ、

次の世代に選択していただける様に、

努力します。

 

※取材いただいた、北陸中日新聞:武藤記者、ありがとうございました!

 

(北陸中日新聞 2017/06/05 [武藤記者])

 

 

 

里山が育む食材の活かし方

食材を活かす、って。

意識して、HITOTSUやカフェメニューを作りますが、

これがなかなか、面白いけど、難しい、素人には。

作り手側の僕らが、何食って育ったかっていうのも結構重要だし。

思い出すのが、いろんな出会いよって導かれたグルジアという国、

そこで出会った郷土料理。

素朴で、奥が深くて、

何より、喜んでもらうための手間暇がある。これが大きいな。

能登にも、「らしい」もの、もっとたくさんあったんだろうけど。

いまは、いろいろ便利になったから。

手間暇、大切だな〜。

いい葡萄つくって、

美味しいワインにしていただいたり、

それは果汁やドライフルーツにもなる。

畑に立つ、

ぶどうの香りがする畑で、お弁当広げて、ワイン飲んで。

そうすることで、

また面白いこと、おもいつく♬

キニナルキニナリタイ(まだ可愛い芽。摘まないでね♪)

北陸中日新聞に掲載いただきました。

いつか大きく葉を広げ、花を咲かせ、丈夫な枝を伸ばし、

気になる樹になりたいです。

 

摘まないでね〜、大人たち♪

 

村山智一

Seibel9110のスパークリングワイン、誕生。能登のメゴバリ達、お待たせしました!

自社農園のSeibel9110で、スパークリングワインを造っていただきました。

祝!

藤丸さん、ありがとうございます。

呑んでください。

舌の肥えた、能登のメゴバリ(=親友)達よ!

遠慮なく、感想を聞かせてください。

 

※お!!って方、ご連絡くださいw

 

新入社員

新しい仲間が加わりました(^^)



金沢から移住して、能登で就農。
届いた、次世代に。
嬉しいです。

JTBさんの視察

今朝は、
JTBさんの視察があります。
今年は、視察と講演依頼が沢山あります。
能登の出番、かな(^^)
喜んでいただけるように頑張ります!

半島連携で生まれるハンバーガー

村山智一です。

 

僕は、

特定非営利活動法人「かけ屋in能登プロジェクト」という組織で、

未来に繋がる能登の里山里海、日本を目指して!と、

全国の仲間と力を合わせて、いろいろ取り組んでいます。

 

そのひとつに、

知多半島で「テキサスキングバーガー」という超人気ハンバーガーショップを運営している、

超かっこいいお兄さんがいらっしゃいます!

ブルーチップスの馬場社長。

http://www.t-bluechip.com/index.html

僕は初めて会った時から、すっかり馬場さんのファンに。

なにこの人、めっちゃ声でかい(笑)

話が上手い、センテンスが長い(笑)

褒めてますよ、馬場さん!

 

冗談はさておき、

馬場さんからは、本当に「生きる力」というか、ビームが出てまして(笑)、

あ、こういう人が地方に必要だ!と強く感じて、

胸をかりるつもりで一緒に活動していただいてます。

 

そんな馬場さんとは、ワイン事業でも連携してますが、

「ハンバーガー、めっちゃ売れてるから、石川でもやろうよ!!」

てなことで、フランチャイズの提案です(´⊆`*)ゞ

(テキサスキングバーガーHP ↓↓↓)

http://www.texasburger66.com

 

石川では、ご当地バーガーみたいなのが幾つか開発されてますが、

どうよ??ちゃんと売れる事業にしない??

 

ということで、

特定非営利活動法人「かけ屋in能登プロジェクト」では、

特定の企業やグループにだけ生まれる利益とか「は?」ですし、

一緒に誠実に挑戦したいって人はうぇるかむ!ですので、

遠慮なくご連絡くださいねー!

 

 

 

 

 

料理通信

村山智一です。

 

ちょこっと、料理通信さんにご紹介いただきました。

 

 

 

続きを読む >>
1